「生徒に考えさせる」ということ
日本でも多いと思うけど、この国の人たちはホント応用がきかないんです。

例えばですね、物理でF=maって法則あるじゃないですか。力学の。
で、重さ○kg、速さ○km/sのときの力を求めよ、なら解けるけど、重さ○kg、○分で○km動く物体の力を求めよ、だと解けない。みたいな。
まぁちょっと極端ですけどそんな感じで。
応用っていうか想像力かなぁ。
けどこれって別に生徒のせいじゃなくて、そういう教え方しかしてないんです。

先生を見てると、生徒に質問されるとすぐ答え教えちゃってるんですよね。
ヒントだけ与えて考えさせるってことをしないんですよ。
で、生徒も質問すれば答えが得られると思ってるからちょっと分からなくなるとすぐ質問しちゃう。
もちろんそうじゃない子もいますけど、大多数が自分で考えない。
そしてそれってエンジニアとしては致命的で。

いろいろ工夫してやってみるつもりですが、なんかこの国の根本的な問題を見た気がしてちょっとゲンナリしました。
子供の能力を潰してるなぁって。



ブログランキングに参加してます。→[人気ブログランキング]

Technorati Tags: ,


スポンサーサイト



仕事、授業の話 | 2005-11-23(Wed) 17:45:19
Trackback:(0) | Comments:(0)
カレンダー(月別)
10 ≪│2005/11│≫ 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ブログ内検索