スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
Trackback:(-) | Comments:(-)
Debian、RedHat、Mandrake...
今NICのモジュールの追加について書いてるんですが、ディストリビューションごとにファイル名が微妙に違ったり、同じDebianでもバージョンによってやることが違ったりでかなり嫌になってます。
あーもーめんどくさいよー。
やっぱSolarisで教えればよかったぁぁ~。
Solarisならdevfsadmしてhostname.なんとかって作れば終りなのに...

Debianの場合、モジュールを追加するときにいじるファイルは

・/etc/modutils/alias
・/etc/modules

の2つがあって、でも結局のところロードするとき使うファイルは/etc/modules.confであると。
ただ、modules.confを直でいじるのでなく、上記のファイルをいじった後update-modulesするのがいいようです。

さらにsargeにはdiscoverというプログラムがあって、これがほとんどのモジュールを勝手にロードしてくれているらしい。
そのため、私のマシンの場合だとeth0の情報は上記ファイルには書いてないと。

で、このdiscoverの設定ファイルは/etc/discover.confってやつで、中身を見ると確かにPCIにささったもののモジュールをロードするように書いてある。(PCIだけでなく、IDE、USB、SCSIも)

discoverをスキップさせて手動で設定、ってのもできるらしいけど鬼めんどくさい...
/etc/modprobe.dとかいうのもあるし...なんなんだこれは...

なんかハイブリッドカーでエンジンの仕組みを教えてる気分です。
教育用の激軽Linuxみたいのないかしら。いまさらだけど。
まー自分がちゃんと理解してないのがいけないんですけどね。
っていうか細かく追いすぎ?
教えるときには「NICを追加した場合、とりあえずdiscoverが認識してくれるかどうか試して、だめだったら手動で追加」って程度になっちゃうと思うけど、その結論に達するまでにこんだけ調べてるんだよ!っていう証拠ってことで。


ブログランキングに参加してます。→[人気ブログランキング]

Technorati Tags: ,
スポンサーサイト


仕事、授業の話 | 2005-08-30(Tue) 14:08:12
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。