スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
Trackback:(-) | Comments:(-)
エルサルバドルの電車
今日は大変珍しいであろう、エルサルバドルの電車(列車か?)のご紹介。
鉄っちゃん必見。

CIMG9489



その昔、サンサルバドルでは電車が走っていました。
セントロからソヤパンゴまで。
通勤の足だったそうです。

道路が整備されてからは使われなくなりましたが、線路も電車もそのまま残されていました。
2004年、大雨のため道路が封鎖されたとき、市民の足として電車が復活。
そのときの写真です。

まずは先頭の駆動部分?っていうのかしら。

CIMG9497.JPG

これが客車を引っ張ります。
日本の貨物列車みたいですね。

DSC00461.JPG

客車はおせじにもきれいとはいえません。
まぁ長い間ほったらかしだったからしょうがないか...。

CIMG9499.JPG

これが車庫です。

DSC00451.JPG

なぜ円形かというと、もうちょっと左を見てみると...

DSC00453.JPG

こんな風になってます。
左にある線路のステージ?を回転させて、電車を出すわけですね。

さぁ、電車はテルミナルオリエンテ近くの駅を出発して、

CIMG9500.JPG

ソヤパンゴへ向かいます。
所要時間25分。のんびりした旅です。

CIMG9505.JPG

見れば分かると思いますが、

CIMG9522.JPG

ありえないほど

CIMG9540.JPG

近いんですよ。線路と民家が。

CIMG9579.JPG

もちろん踏切なんてない。

CIMG9558.JPG

ま、ゆっく~り走ってるからいいんでしょうねきっと。

ここから見える風景は、エルサルバドルの日常を知るのに大変よろしいかと。
首都の一部はものすごく都会ですが、ちょっと離れればだいたいこういう感じです。

CIMG9542.JPG

CIMG9602.JPG

CIMG9560.JPG

CIMG9656.JPG

電車から見えるサンサルバドル山。

CIMG9627.JPG

やばそうな川。

CIMG9665.JPG

電車の中はこんな感じです。ベンチだ。

CIMG9653.JPG

CIMG9504.JPG

歴史を感じさせる天井。

CIMG9502.JPG

そしてあっという間にソヤパンゴ駅。
ホームというか段差すらない。

DSC00443.JPG

周りにもなにもない。

CIMG9496.JPG

昔はきっとお店が出ていたに違いない...と思います。

CIMG9599.JPG

臨時の時刻表。
午前5時~10時と午後2時~6時、往復5本。

CIMG9696.JPG

乗ってみたかったなー。
また復活しないかなぁ。

他の写真も見たい方はこちらをどうぞ。
スポンサーサイト
エルサル事情 | 2006-07-19(Wed) 04:49:53
Trackback:(0) | Comments:(1)
コメント

あ~、30年前エルサルバドルに行った時、列車に乗りましたよ~。なんだか、私たちのためにわざわざ特別なダイヤ(?)で走らせてくれて、私たちは、それに驚いて、「お召し列車」なんて呼びました。クラシックな車両でした。不潔でべとべとしてたけど。途中で脱線してしばらく止まったり、のんびりしたものでした。どこから乗ったのか、忘れましたけど、ラ・シウダ・デ・ニーニョスという駅まで乗りました。
2007-01-22(Mon) 05:48:40 | URL | りろ #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。