スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
Trackback:(-) | Comments:(-)
ペルキン日本文化紹介
8月1日にエルサルバドルの西部モラサン県の北の町、ペルキンで日本文化紹介のイベントがありました。

UNI_0286


8月1日~6日まで、アゴスティーナと呼ばれる休暇があり、ペルキンでは毎年お祭りが行われます。

去年はお祭りを見ただけでしたが、今年はこの街に隊員が入ったということで、お祭りの日を1日もらって現地の隊員主催で日本文化紹介をやりました。

出し物は
・カレー
・けん玉
・浴衣の着付け
・折り紙
・習字
・日本の歌
と盛りだくさん。

まずは朝からカレーの仕込み。
栄養士隊員の指導のもと、大量のジャガイモやトマトを洗ったり切ったり。
去年のINTIの文化祭でトン汁作ったときもあきれるほど野菜を切ったりおにぎりをにぎったりしましたが、今回はそれ以上の量。
切った野菜をポリ袋に入れるんだから。

そして予定より1時間遅れて10時に開会式。
まず最初に始めたのは浴衣の着付け。
くじ引きで着る人を決めます。

UNI_0289

ここから、忙しかったので写真がありません。

浴衣にあまりに人が集まりすぎたので、急遽その近くでけん玉をやることに。
UESの日本語クラスの学生と2人で飛行機やったりもし亀やったり。
飲み込みのいい人が何人かいて、30分くらい真剣に練習して多少もし亀っぽいことができてました。

12時すぎ、カレーの販売が始まるともう黒山の人だかり。
大1皿75セント、小1皿50セント。安い。
そんな中、うちの生徒がわざわざサンサルから来てくれました。
例の、父親が電気科の先生っていう生徒。家族でこれだけのために来たらしい。うれしいわー。

午後はテントの下で折り紙を教えました。
折り方を知ってるのは鶴とやっこさんくらいだったんですが、折り方の本を見て箱や花なんかもどうにかこうにか教えます。
きれいにできる子と全く折れない子に見事に分かれてました。

手伝いつつ仕上げてさせて、自分で作ったものはお持ち帰りです。
これまたすごい人が集まっちゃって大変でした。

ステージの上では習字をやってました。
これはさすがにエルサル人にはできないので、名前を教えてもらってそれを隊員が日本語で半紙に書いて。
子供たちが自慢げに見せてくれました。これはすごくいいアイデアだなーと思った。みんな日本語好きだから。
これまた長い列ができてました。

最後はステージ上で日本の歌を紹介。
「上を向いて歩こう」と「なごり雪」でした。
歌詞を翻訳したものを観客に渡して、みんなで歌いました。

全て終わって集合写真撮って一本締め。
長い一日でした。

その日の夜の話はこちら
スポンサーサイト
エルサルでのイベント | 2006-08-04(Fri) 12:03:22
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。