スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
Trackback:(-) | Comments:(-)
数学の補習
うちの生徒が数学の補習を受けるというので見学してきました。
確率の授業です。

UNI_0402.JPG


国立高校を卒業するには、「PAES」と呼ばれる政府の試験に合格しなければいけません。
PAESの前に「Pre PAES」という実力試験が8月末にあるんですが、7月にINTIがPre PAESのために実施した試験結果があまりに悪かったので(合格点に達したのが5人しかいなかった)、補習することになったんだそうです。

この試験は専門学科ではなく一般教養科。
数学、国語、科学、歴史など、日本の高校と同じような教科があります。
とはいえ、日本に比べればかなり易しい。

補修をやる教室もタジェールではなく一般教養棟。
いかにも学校、という感じです。
ちなみに政府の建物はみんなこのカラーです。国旗の色らしい。

UNI_0405.JPG

教室の扉。
いつもは鍵が閉まってます。

UNI_0406.JPG

机と椅子がくっついてるやつです。
これ、机がすごく小さいんですよ。ノート広げたらもういっぱい。

UNI_0403.JPG

壁にはいろんなものがはってあります。
これは各授業の目標。

UNI_0399.JPG

これは「おはようございます」とか「ありがとう」とか。基本の挨拶。
なんだか小学校みたいだな。

UNI_0401.JPG

肝心の生徒は...。

UNI_0400.JPG

死んだ魚のような目をして授業を受けてました。
まぁね、タジェールの実習とは違うよね。
私もタジェールの方が好きだわ。

期末試験の準備に追われる高校生、というのは万国共通なんでしょうか。
高校時代を思い出します。

おまけ。INTIの中庭の写真。
一般教養棟は□になってて、中庭があります。
ここで生徒たちはお昼を食べたり遊戯王のゲームしたりしてます。

UNI_0404.JPG
スポンサーサイト
配属先INTIの話 | 2006-08-17(Thu) 07:27:10
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。