スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
Trackback:(-) | Comments:(-)
おしかり
INTIは校則が厳しくて、生徒が遅刻したりちゃんと制服+白衣を着てなかったりすると、科長からおしかりを受けます。
靴は黒。
長髪・茶髪もダメ。
かばんは武器を隠し持たないために中身が見えるもの。それ用のかばんがちゃんと売ってます。
かばんは特に厳しくて、校門でビヒランテのおじさんがヨシといわないと校内には入れません。
靴や髪の毛に関しても、何度も重なると教室に入れません。

遅刻したり制服をちゃんと着てこない生徒は、ペナルティとして庭の掃除がかせられて、掃除が終わったら教室に入れてもらえます。
でも先生もしつこく怒ったりはせず、生徒も和気あいあいと掃除してます。

私の知ってる限り、INTIには日本のような校則を守らないけどやめもしない、っていう生徒はいません。
とっととやめるか規則を守るかどっちか。
先生に余計な敵対心を持ってる生徒もいないし、生徒にビビる先生もいません。

なんでみんなちゃんと校則守るんだろうね?と同僚に聞いてみたところ、みんな学校に来たいから、だそうです。
もちろんみんながみんな勉強したいってわけじゃなく、家にいると家の仕事を手伝わされるからだとか。
学校にくれば、放課後は遊びに行けると。

なんかそれってすごく...健全な考え方というか、当り前なんだけど日本では少なくなった考え方だよなと思いました。
まさに勉強が仕事。
そして家にいるときは家の仕事を手伝うっていうのが当り前。
学生時代とことんアホだった自分が恥ずかしいです。



ブログランキングに参加してます。→[人気ブログランキング]

Technorati Tags: ,

配属先INTIの話 | 2006-02-03(Fri) 15:42:55
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。